マルチシグ(MultiSig)って何? イラスト付きで初心者の方にも分かりやすく徹底解説!

マルチシグ(MultiSig)とは

公開鍵暗号方式において、秘密鍵が2つ以上存在することをさします。裏ではもちろん複雑な技術が動いていますが、ここでは初心者の人にも分かりやすく説明するという目的で「金庫」を例えにして解説していきます。

ゆろる
金庫をイメージしてください。金庫からお金を取り出すときに鍵が1つ必要な金庫よりも、複数の鍵が必要な金庫で鍵を別々の場所に保管しておくほうがセキュリティレベルは高くなりますよね。
 

シングルシグ(SingleSig)方式もある

シングルシグ(SingleSig)とは

公開鍵暗号方式において、秘密鍵が1つだけ存在することをさします。今回話題になっているCoincheckのNEMはこのシングルシグ方式で管理されていました。

シングルシグ方式だと、鍵Aの場所が割れてしまっただけで金庫が開けられてしまいます。マルチシグ方式よりもセキュリティレベルが低いことは一目瞭然です。
 




 

マルチシグ方式では「2 of 3 方式」が一般的

2 of 3 方式とは

3つの秘密鍵を用意しておき、鍵を開ける際にその3つのうちの2つの鍵を必要とする仕組み。A、B、Cの3つの鍵が存在する場合、2 of 3方式であれば、「AとB」「BとC」「CとA」の3通りの組み合わせで鍵を開けることができます。

上記イラストのように、それぞれ別々の場所で秘密鍵を管理しておくことでセキュリティレベルの向上が見込まれますね。
 

2 of 3 方式のユースケース

オンラインショッピングによる商品売買


 

このように商品の到着を確認してから支払いを完了させることができます。もし相手が商品を送ってこなかった場合は、仲介業者に連絡して第3者的な立場で判断をしてもらい、鍵Bを開放してもらうことで買う人の鍵Aと合わせてビットコインの金庫を開けることができるので返金してもらうことができます。
 

逆に売る人がちゃんと商品を送ったのに、買う人が鍵Aを開放しなかった場合でも仲介業者の鍵Bを使うことで料金がしっかりと支払われることになりますね。
 

ビットコインアドレスでマルチシグ対応かどうかが分かる

  • 1から始まるビットコインアドレス → マルチシグに対応していない
  • 3から始まるビットコインアドレス → マルチシグに対応している

 

マルチシグに対応しているからと言って安全であるとは限らない

こんな保管の仕方をしていては、ゆろる宅の場所が割れて鍵のありかが判明したときに一気に3本盗まれます。このように、複数の鍵は別々の場所で、強固なセキュリティの元管理されている必要があります。

マルチシグ対応を謳っている取引所が、どのように秘密鍵を保管しているかについては我々は知る由もありませんので、マルチシグに対応している取引所だから絶対安全だ!という考えはやめたほうが良いでしょう。
 

ABOUTこの記事をかいた人

トレードとアフィの2本柱で生きております。仮想通貨トレードでは1ヶ月で40万→1000万。アフィ収入は月2桁。仮想通貨自動トレードシステムの開発や、プログラム組んで複数サイト自動運営などをしている変な人です。「ネットでリッチライフ!」というブログをメインで運営中。