「損をしない、損を抑える、という事は儲けることに等しい」という考え方について

この記事を読み終えるまでの時間は およそ5分 です
 
ゆろる
 
どうも、ネットマネタイズ専門ブロガーのゆろるです!今回は、総資産を増やしていく上で大切な考え方を紹介します。
 
 

投資の神様ウォーレンバフェットさんの語録に次のようなものがあります。

ウォーレン・バフェットの言葉

ルールその1:絶対に損をするな。
ルールその2:絶対にルール1を忘れるな。

実は資産形成をしていく上で一番大事なことは「損をしない」ということなんです。
 

損をしないことは事実上儲けていると考える事ができる

 
例えば、100万円手元にあるとします。ここから40万円の損をする立ち回りをして60万円になった場合と、リスクマネジメントを最大限に行っていたため90万円で抑えられた場合について考えます。
 

※もちろん損をしないことが一番ですが、この場合は分かりやすく例を取るためこのような設定で進めさせていただきます。
 

この場合、右のルートへ進めた段階で、平行世界で存在するはずだった60万円のルートに進まなくて済んだので、事実上30万円儲けていることに等しいと考えることができます。
 

さらに次ステップで利回り10%の運用をしたとすると、+6万と+9万とで3万円の差が出てきます。資産が増えれば増えるほどこの額は大きくなっていくので、「損をしない」事を積み重ねていくことがいかに大事であるかが分かりますよね。
 

「何だ、当たり前やん」って思うかもしれませんが、特に短期トレードでスキャルしている人の場合、儲けることだけに集中しすぎて損をしないという考え方が抜けてしまっていることが多いのです。
 

日常生活にも応用できる

 
例えば、ある野菜を買うときに同じものでも200円で買う場合と100円で買う場合では、100円で買う場合のほうが事実上100円儲けていると考えることができます。

ふうか
 
つまり「節約」も事実上のお金儲けと言えるってことね。元手無しで儲けを生み出すことができると考えたら凄いことだと思う。
 
ゆろる
 
他にも「損」に関する考え方として、短期トレードを行う方にはぜひ知ってほしい理論があります。こちらは別途記事にて解説します。
 
 

まとめ

  • 損しない、損を抑える事は事実上の儲けである
  • 短期トレードの際はこの事を忘れがちなので注意
  • 日常生活でも応用できる

 

ABOUTこの記事をかいた人

トレードとアフィの2本柱で生きております。仮想通貨トレードでは1ヶ月で40万→1000万。アフィ収入は月2桁。仮想通貨自動トレードシステムの開発や、プログラム組んで複数サイト自動運営などをしている変な人です。「ネットでリッチライフ!」というブログをメインで運営中。