バフェットだったらこう選ぶ?仮想通貨ランキングTOP3の日本語訳記事

バフェットが選ぶであろう通貨ランキング

 

ゆろる
この記事はあくまで「バフェットだったら・・・」っていう趣旨の記事なので、バフェット自身の発言を基にした記事ではありませんので悪しからず。あくまで一つの読み物としてお読みください。TOP3のみ紹介しております。(もとの記事はこちらです→元記事)
 
※結構意訳してますので悪しからず。
 

その前に・・・、バフェットってどんな人?

 
アメリカ合衆国の著名な投資家で、「投資の神様」と呼ばれています。

総資産は「6兆5000億円」で、1万ドルを元手に株式投資だけで620億ドルの資産を生み出した世界一の投資家と言われています。あのビルゲイツも認める逸材です。

数々の投資に関する名言を残しています。興味がある方は以下の書籍などを参考にされてください。

ウォーレン・バフェットに関する書籍



ランキングTOP3

 

第1位:XRP

リップルを選ぶ最初の理由として、リップルの創業者である「Brad Garlinghouse」の先見性や将来の計画についてAmazonのCEO「Jeff Bezos」と比較するに値することを挙げています。

他には、すでに実際に世界の名だたる銀行とパートナーを結んでいることなど、他の通貨よりも実用性が高いことなどから1位に選ばれました。
 

第2位:ETH

ETHはBitcoinに比べ、送金スピードが速い送金手数料が安いため、ゆっくりとユーザの心をつかんでいることを理由として挙げています。確かにETHの価格は順調に上がってきており、そのプレゼンスをあらわにしてきていますね。

ETH建ての取引ができる取引所もかなり多いですし、今後さらに注目されていく通貨であることは間違いありません。

第3位:TRX

TRXを挙げた一番の理由として、TRXのバックヤードの強さです。トロンは、ジャスティンサンが率いる優秀なチームがバックヤードにおり、ジャック・マー(アリババの創業者)との関係があることも強い材料です。さらに2018年に数多くのパートナーシップと提携することも目玉材料です。

2つめの理由としては、先日の暴落です。約0.04ドルまで落ちたことにより、新たなホルダーが増えたことが予想されます。

また明確な目標と、精巧なロードマップが掲示されていることも大きいですね。
 

ABOUTこの記事をかいた人

トレードとアフィの2本柱で生きております。仮想通貨トレードでは1ヶ月で40万→1000万。アフィ収入は月2桁。仮想通貨自動トレードシステムの開発や、プログラム組んで複数サイト自動運営などをしている変な人です。「ネットでリッチライフ!」というブログをメインで運営中。